i-BELT第3弾「金型加工の切削最適制御サービス」2月より提供開始 | オムロン

yabo亚博登陆

  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2019年
  4. i-BELT第3弾「金型加工の切削最適制御サービス」2月より提供開始

i-BELT第3弾「金型加工の切削最適制御サービス」2月より提供開始―熟練技能者の「匠の技」を自動化し、加工時間40%、工具摩耗量20%削減―

  • 2019年01月21日
  • オムロン株式会社

オムロンzhushihuishe(benshe:jingdoushixiajingqu、daibiaoqudiyishechang ceo: shantianyiren、yixiaオムロン)は、モノづくりのshengchanxingやpinzhiをxiangshangさせるためのiotサービス「i-belt」のdi3danとして、「jinxingjiagongのqiexuezuishizhiyuサービス」のtigongを2019nian2yueよりkaishiします。

jinnian、モノづくりのxianchangにおいてshulianjinengzheやzuoyezheのbuzuがchangtaihuaするyifang、gaoいshuizhunでshengchanxingやpinzhiをweichixiangshangしていくことがqiuめられています。こうしたzhong、オムロンはyue10nianqianからデジタルjishuをhuoyongして「jiangのji」をzidonghuaし、shengchanxiaolvをgaoめるさまざまなquりzuみをjinめ、shizhengshiyanをzhongねてきました。

2016nianより2nianをかけsheneiでshizhengshiyanをzhongねたquりzuみを、おkeさまへtigongできるようサービスhuaしたのが、ben「i-belt」di3danの「jinxingjiagongのqiexuezuishizhiyuサービス」です。shulianjinengzheがgongzuojiでjinshuをqiexueするji、shebeiの"yin"をqiexuesuduのpanduancailiaoにしていることにzhemu。gongzuojiにshezhiしたzhendongセンサーで、qiexueshiのzhendongをjiceしqiexuedikangをsuanchuし、そのdaきさによりgongjuのsongりsuduをbuzhengするアルゴリズムをkaifaしました。そのjieguo、jicunのgongzuojiでのjiagongshijianをconglaiから40%xuejianし、gongjumohaoliangも20%xuejianをshixianしました。

c0121_a.jpg

yabo亚博登陆「jinxingjiagongのqiexuezuishizhiyuサービス」は、おkeさまとgongにオムロンのエンジニアがzhizaoxianchangのデータをjianえるhua・fenxiし、zhiyuにフィードバックするshizuみをchuangりshangげます。おkeさまのjicunのgongzuojiがzilvdeにdongくことで、shebeixiaolvのzuidahuaやshengchanxingxiangshangにgongxianします。「i-belt」は、di1dan「shebeiのyichangyuzhaojianshiサービス」、di2dan「xianchangketiのjianえるhua・fenxiサービス」、di3dan「jinxingjiagongのqiexuezuishizhiyuサービス」にyinきxuき、jinhouもzhizaoxianchangのketijiejueにzhijieするサービスをkuochongしていきます。

【関係者コメント①】 企画室 IoTプロジェクト本部長 井上 宏之

c0121_b.jpg

i-BELTは、オムロンとお客さまが製造現場にあるさまざまなデータを共通言語にしながら、課題を共有、解決していくことで最適なモノづくりの現場を共創していくサービスです。
製造現場向けのIoTで効果を出すためには、製造現場の知見やノウハウが必要不可欠です。オムロンのさまざまな技術や豊富な現場経験をもとに、装置から得られるデータで現場価値の向上ができることを多くのお客さまに体感していただきたいという思いから、本サービスを実現しました。
これからも、50年以上FA業界で多くの商品やサービスをお客さまに提供してきた実績や自社のモノづくりを高め続けてきた経験を生かして、お客さまに「リアルに効果を発揮する」データ活用の提案を続けていきます。

【関係者コメント②】 オートメーションセンタ IoTプロジェクト推進リーダー 古田 勝久

c0121_c.jpg

現場の課題に何とか役に立ちたいという思いで金型加工の切削速度最適化テーマに取り組み始めましたが、我々が長年取り組んできた振動計測でこの課題を解決することができうれしかったです。しかしこの成功は、何としても課題を解決したいという現場の方々の強い志があってのことでした。
今後も、工具ごとの寿命の変化や品種ごとの加工時間の短縮といった効果の見える化に取り組み、この技術の価値をより多くのお客さまが導入しやすい仕組みを一層整備していきます。

*1 加工時間40%、工具摩耗量20%削減:当社草津工場での実証実験の結果です。

i-BELTについて

「i-BELT」は、AI搭載コントローラーを軸に、20万種に及ぶ制御機器に加え、「i-BELTパートナー」各社の多彩な入出力機器を組み合わせ収集したデータを分析、その結果を制御アルゴリズムに変換し機械の制御に戻すことで、モノづくり現場の知能化を推進する、オムロン独自のデータ活用サービスです。熟練技能者が持つ暗黙知をデータ化し、制御と情報を融合することで、オムロンの戦略コンセプト"i-Automation!"を実現する鍵となる「intelligent(知能化)」を顧客との共創によって加速させ、モノづくりの生産性と品質を飛躍的に向上させ続けます。
詳細については、 をご参照ください。

"i-Automation!"について

オムロンは、これまでfaのリーディングカンパニーとしてhuaxiangchuliセンサーなどのrulijiqiから、gezhongコントローラー、サーボモーターなどのchulijiqiをはじめanquanduicejiqi、chanyeyongロボットまでfuguangいjiqiをyouし、これらをソフトウェアでzuみheわせたduziのオートメーションjishuをshijiezhongのzhizaoxianchangにtigongしてきました。xianzaiは、こうしたjishuとjiqiqunをベースに、3つの"i"、「integrated(zhiyujinhua)」、「intelligent(zhinenghua)」、「interactive(renとjixieのxinしいxiediao)」からなるzhanlveコンセプト"i-automation!"をjieげ、zhizaoyeのモノづくりxianchangのgexinにquりzuんでいます。

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。制御機器事業では、モノづくりを革新するオートメーション技術や製品群、顧客サポートの提供を通じ、豊かな社会づくりに貢献しています。
詳細については、 http://senaar.com/ をご参照ください。

報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175