オムロン「CES2019」に出展 | オムロン

yabo亚博登陆

  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2019年
  4. オムロン「CES2019」に出展

オムロン「CES2019」に出展第5世代卓球ロボット「フォルフェウス」と、「近未来のモノづくり現場」を披露

  • 2019年01月23日
  • オムロン株式会社

yabo亚博登陆オムロンzhushihuishe(benshe:jingdoushixiajingqu、daibiaoqudiyishechang ceo: shantianyiren、yixiaオムロン)は、1yue8riから11riまでmiguoネバダzhouラスベガスshiでkaicuiされた「ces(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)2019」(yixiaces)にchuzhanしました。jinnianで2huimuのchuzhanとなったjinhuiは、dangsheのコンセプトである、「renとjixieのronghe」をxiangzhengするzhuoqiuロボット「フォルフェウス(forpheus)」のdi5shidaiモデルと、「jinweilaiのモノづくりxianchang」をイメージしたファクトリーオートメーション(fa)をzhanshiしました。オムロンのコアjishu「センシング&コントロール+think」をtongじて、shengchanxingやpinzhiをxiangshangするとgongに、dongくrenのanquanをshouりながらnengliqianghuaをzhiyuanする、「jinweilaiのモノづくりxianchang」をduoくのlaichangzheにtiyanいただきました。

c0123_2_a.jpg

オムロンzhixingyiyuanchangwu(オムロン マネジメントセンターオブアメリカ huichang jian ceo)のナイジェル・ブレイクウェイはciのようにshuべています。 「オムロンのchuangyeのjingshenは、ren々のshenghuoをxiangshangさせ、よりよいshehuiづくりにgongxianすることです。siたちはテクノロジーがそのlinianにjiyuできるとxinじています。jinhuiのcesは、dangsheのコアjishuによってaiやロボティクス、オートメーションjishuがrenのkenengxingをzuidaxianにyinきchuす「renとjixieのronghe」にふれていただき、dangsheのlinianをtiganいただくjihuiとなりました。」

出展内容

第5世代「フォルフェウス」

yabo亚博登陆aijishuをdazaiしたzhuoqiuロボット「フォルフェウス」は、「センシング&コントロール+think」で、jixieがrenのnengliやchuangzaoxingをyinきchuす「renとjixieのronghe」をわかりやすくtixianするものです。ces2019がshijiechupiluのchangとなった、di5shidai「フォルフェウス」は、aijishuによってduizhanxiangshouへのコーチングnengliをqianghuaしたほか、トップスピンやバックスピンをkenengにする「zhou」と「shoushou」にあたるjigouをzhuijiaし、jiadongfanweiをguangげました。また、chanyeyongカメラをshouguaけるオムロンセンテックsheがkuaるchaogaosuカメラによるgaosuイメージchulijishuをxinたにdazaiし、センシングnengliをyiduanとxiangshang。5taiのカメラをtongじてdeたセンシングデータをyuanに、duizhanxiangshouのフォームやスキルをプロのzhuoqiuxuanshouとbijiaoし、そのchaをフィードバックすることで、yirenyirenにzuishiなgebieコーチングをtigongすることをkenengにしました。

c0123_2_b.jpg c0123_2_c.jpg

「近未来のモノづくり現場」

オムロンは、「integrated(zhiyujinhua)」、「intelligent(zhinenghua)」、「interactive(renとjixieのxinしいxiediao)」の3つの"i"からなる"i-automation!"をzhanlveコンセプトにjieげ、zhizaoyeのモノづくりxianchangのgexinにquりzuんでいます。benzhanshiでは、ピックアンドプレースやzhipinbansongといったdanchunzuoyeをanquanかつgaosuにxingうロボットや、chaogaojingduなレーザーjiagongjishu、renとxiediaoしてzuoyeするxiediaoロボットなど、i-automation!をshixianするオムロンduziのfajishuが、shengchanにrouruanxingをもたらし、xiaofeizheyirenひとりのカスタマイズニーズにyingえる、「jinweilaiのモノづくりxianchang」をpiluしました。

c0123_2_d.jpg c0123_2_e.jpg c0123_2_f.jpg

オムロングループにおいてchanyeyongロボットのkaifaやshengchanをdanうオムロンアデプトテクノロジーズのzuigaojishuzerenzheデロン・ジャクソンは、「jinweilaiのモノづくりxianchang」のデモンストレーションについてciのようにshuべています。「siたちがmiaoく『jinweilaiのモノづくりxianchang』では、shengchanxingやanquanxingにjiaえ、zhipinのトレーサビリティによるpinzhishuizhunやzuoyezheのshishiにduiするやりがいのxiangshangといった、xinしいxianchangのニーズを、renとjixieがxiediaoすることをtongじてshixianしています。」

「テックトーク」

cesのchuri(1yue8rihuoyaori)、オムロンブースにおいてaiやロボティクス、オートメーションjishuのzhuanmenjiaによる「テックトーク」イベントをkaicuiしました。テックトークでは、スタンフォードdaxueメディアxのジェイソン・ウィルモットshiとオムロン アデプトテクノロジーズのデロン・ジャクソンがdengtanし、ロボティクスyanjiukaifaのzuixinshiqingや「renとjixieのronghe」にguanするyanjiuについてyuりました。

c0123_2_g.jpg c0123_2_h.jpg

(左より)モデレーター:グレン・ギルモア氏、スタンフォード大学メディアX:ジェイソン・ウィルモット氏、
yabo亚博登陆オムロン アデプトテクノロジーズ:デロン・ジャクソン

オムロンは、2018nian4yue、dongjingにjinweilaiをデザインするyanjiuhuishe「オムロン サイニックエックスzhushihuishe」をsheliしました。tongsheは、daxueやshewaiyanjiujiguanとオープンイノベーションによる、"jinweilaiデザイン"のchuangchuにquりzuんでおり、jinhuiのテックトークはそのhuodongのyihuanです。yang々なパートナーとともに、shehuideketiをjiejueするため、jishugexinをベースに「ビジネスモデル」「jishuzhanlve」「zhicaizhanlve」をtongheしjutideなshiyeアーキテクチャーにluoとし込んだ"jinweilaiデザイン"をchuangりchuします。オムロンは、テックトークdengのhuodongをtongしてjinweilaiをyilunし、yixuにchuangるパートナーのlunをguangげ、shehuideketiのjiejueをjiasuさせていきます。

ブレイクウェイは最後に次のように述べています。
「オムロンは何十年にもわたって、人々の生活を向上させるテクノロジーの進歩に貢献してきました。全世界で5億以上のデバイスで活用されている当社の顔画像センシング技術など、世界中の人々は気づかないうちに私たちの様々な技術にふれています。CESを通じてオムロンという会社をさらに深く知っていただき新たな繋がりを持てたパートナーや人材と、新規プロジェクトや世界中での事業拡大について、これから話し合えることを楽しみにしています。」

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。制御機器事業では、モノづくりを革新するオートメーション技術や製品群、顧客サポートの提供を通じ、豊かな社会づくりに貢献しています。
詳細については、 http://senaar.com/ をご参照ください。

報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175