2018年度 第3四半期連結累計期間の業績および通期連結業績予想について | オムロン

yabo亚博登陆

  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2019年
  4. 2018年度 第3四半期連結累計期間の業績および通期連結業績予想について

2018年度 第3四半期連結累計期間の業績および通期連結業績予想について 売上高6,356億円 対前年同期比1.7%増

  • 2019年01月30日
  • オムロン株式会社

オムロンzhushihuishe(benshe: jingdoushixiajingqu、daibiaoqudiyishechang ceo: shantianyiren)は、benri、2018niandu di3sibanqilianjieleijiqijian(2018nian4yue1ri~2018nian12yue31ri)のyejiとtongqilianjieyejiyuxiangについてfabiaoしました。

di3sibanqilianjieleijiqijianのyejiは、maishanggao6,356yiyuan(qianniantongqibi1.7%zeng)、maishangzongliyi2,648yiyuan(qianniantongqibi1.5%zeng)、yingyeliyi568yiyuan(qianniantongqibi12.0%jian)、chunliyi388yiyuan(qianniantongqibi17.0%jian)となりました。teに、di3sibanqi(2018nian10yue~12yue)では、mizhongmaoyimocaをbeijingにzhongguoでのshebeitouziがjiansuするとともに、そのyingxiangがグローバルにkuodaし、zhuliのzhiyujiqishiyeやdianzibupinshiyeのmaishanggaoがqianniantongqiとbiべjianshaoしました。yifangで、di3sibanqilianjieleijiqijianにおいては、ヘルスケアshiyeなどのchengchangにより、quansheのmaishanggaoは、qianniantongqibiでzengjiaしました。

zhuliのzhiyujiqishiyeにおけるdi3sibanqiのmaishanggaoは、mizhongmaoyimocaのyingxiangをshouけてzhongguozhizaoyeのshebeitouziがtingzhiしたyingxiangをshouけ、qianniantongqibiでjianshaoしました。yifangで、di3sibanqilianjieleijiqijianのmaishanggaoは、zidongcheyejieでのxianjinjishukaifaやgaodushengchantouziへのxuyaokuoda、shipinyejieをzhongxinとしたshengrenhuaニーズによるロボットxuyaoのgaoまりをとらえ、おkeyangへのzuishiなソリューションtianhuodongをshishiしたことで、qianniantongqibiでzengjiaしました。ヘルスケアshiyeは、グローバルでgaoまるjiankangニーズをshouけxinjingengsaiやnaozuzhongのfazhengをゼロにする、「ゼロイベント」のshixianにquりzuんでいます。こうしたzhong、グローバルシェアno.1のxueyajiのxuyaoがjiandiaoにtuiyiしたことにjiaえ、zhongguo、riben、mizhouをzhongxinにオンラインチャネルでのfancuqianghuaなどにより、maishangはhaodiaoにtuiyiしました。

yabo亚博登陆di3sibanqiでxianzaihuaしたzhongguozhizaoyeのshebeitouziのtingzhiはshijiejingjiにbojiしつつあり、di4sibanqiyijiangも、yanしいshiyehuanjingがjixuするrenshiのもと、tongqilianjieyejiyuxiangをxiafangxiuzhengします。xiuzhenghouのtongqilianjieyejiyuxiangは、maishanggao8,550yiyuan(qianqibi0.6%jian)、maishangzongliyi3,525yiyuan(qianqibi1.5%jian)、yingyeliyi720yiyuan(qianqibi16.5%jian)、chunliyi500yiyuan(qianqibi20.8%jian)です。

当社、代表取締役社長 CEOの山田義仁は、下記の通り述べています。
「第3四半期連結累計期間の業績は、ほぼ見通しどおりの着地となりましたが、市場環境の悪化が大きく12月の業績に大きな影響を受けることとなりました。このグローバル経済の変調に伴う厳しい状況は、第4四半期以降も続くとみており、実行中の収益構造改革と固定費構造改革を加速し完遂します。ただし、中長期の成長を見込む制御機器事業とヘルスケア事業における成長投資は継続して実行することで、競争力を高め全社の成長を実現してまいります」。

2018年度 第3四半期連結累計期間業績の実績

(億円)
2017年度
第3四半期連結
累計期間業績の実績
2018年度
第3四半期連結
累計期間業績の実績
前年同期比・差
売上高6,2496,356+1.7%
売上総利益
(売上総利益率)
2,609
(41.7%)
2,648
(41.7%)
+1.5%
(△0.1P)
営業利益
(営業利益率)
646
(10.3%)
568
(8.9%)
△12.0%
(△1.4P)
当社株主に帰属する
四半期純利益
467388△17.0%
USDレート(円)
EURレート(円)
111.7
127.9
110.8
129.6
△0.9
+1.7

※fasbhuijijizhungengxin di2017-07 「qijiannianjinfeiyongjiびqijiantuizhihougeifufeiyongのbiaoshiのgaishan」shiyonghouのshuziをjizaiしております。

2018年度 通期連結業績予想

(億円)
2017年度
通期連結業績の実績
2018年度
通期連結業績予想
前期比・差
売上高8,6008,550△0.6%
売上総利益
(売上総利益率)
3,578
(41.6%)
3,525
(41.2%)
△1.5%
(△0.4%)
営業利益
(営業利益率)
863
(10.0%)
720
(8.4%)
△16.5%
(△1.6P)
当社株主に帰属する
当期純利益
632500△20.8%
USDレート(円)
EURレート(円)
111.2
129.4
110.1
128.2
△1.1
△1.2

※fasbhuijijizhungengxin di2017-07 「qijiannianjinfeiyongjiびqijiantuizhihougeifufeiyongのbiaoshiのgaishan」shiyonghouのshuziをjizaiしております。

オムロン株式会社について

オムロン株式会社は、独自の「センシング&コントロール+Think」技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐にわたる事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約36,000名の社員を擁し、117か国で商品・サービスを提供しています。
詳細については、 http://senaar.com/ をご参照ください。

報道関係からのお問い合わせ先
オムロン株式会社
ブランドコミュニケーション部
TEL: 075-344-7175