公益財団法人 立石科学技術振興財団 平成25年度助成金贈呈対象決定のお知らせ | オムロン

yabo亚博登陆

  1. ホーム
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース - 2013年
  4. 公益財団法人 立石科学技術振興財団 平成24年度助成金贈呈対象決定と贈呈式のお知らせ

公益財団法人 立石科学技術振興財団
平成25年度助成金贈呈対象決定のお知らせ

  • 2013年5月15日
  • オムロン株式会社

公益財団法人 立石科学技術振興財団(理事長:立石義雄・オムロン株式会社名誉会長、所在地:京都市下京区塩小路通堀川東入南不動堂町801番地)は、平成25年度(第24回)の助成対象を決定しました。助成金贈呈式(第24回)は5月23日(木)14時00分からグランドプリンスホテル京都にて行います。
研究に対する助成として22テーマ、前期国際交流に対する助成として5テーマを選定・決定いたしました。助成対象(受領者と助成課題)については、次ページ以降をご参照下さい。一部助成課題の概要も抄録として抜粋しています。また平成25年度後期国際交流助成については、9月下旬に決定する予定です。

今回及び累積の助成金額は以下の通りです。
  研究助成
件数・額
国際交流助成
件数・額
合計
件数・額
今回(第24回)
(後期国際交流助成含まず)
22件
5479万円
(前期のみ)      5件
(前期のみ)116万円
27件
5595万円
累積(第1回~第23回)
(立石賞賞金を除く)
496件
11億4799万円
271件
1億0119万円
767件
12億4906万円

今回助成される皆様には是非とも研究課題を達成していただき、最先端の科学技術でグローバル社会に貢献していただくことを期待します。
yabo亚博登陆なお、平成25年度後期国際交流助成と平成26年度立石賞(立石賞は隔年表彰)については、6月末まで募集中ですので、当財団のホームページ()をご参照下さい。

立石科学技術振興財団は、オムロン株式会社の出捐と、故立石一真(オムロン株式会社創業者)、故立石孝雄(オムロン株式会社元代表取締役会長)がそれぞれ保有するオムロン株式会社の株式を拠出して設立したものです。その目的は、エレクトロニクスおよび情報工学の分野で、人間と機械の調和を促進する研究および国際交流に対し助成を行い、技術革新と人間重視の両面から真に最適な社会環境の実現に寄与することです。(財団の概要は、こちらをご参照下さい。)
今年5月10日に創業80周年を迎えたオムロン株式会社は、従来より企業理念の中核として「企業は社会の公器である」を掲げています。この趣旨のもと、立石科学技術振興財団の目的に賛同しその活動をより一層支援していきます。