yabo亚博登陆

"yabo亚博登陆_yabo亚博平台
"

運動

オムロングループでは、社員全員が健康を維持し、
活力と一体感のある風土づくりを目指しており、
活動量計を使った取り組みや、京都マラソンの支援、参加などを展開しています。

運動する事以上にコミュニケーションを活性化!?活動量計を使った取り組み。

動すること以上にコミニケーションの活性化!?
活動量計が生み出した一体感。

オムロングループsheyuanにpeibuされたオムロンヘルスケアzhibushuji・huodongliangji「カロリスキャン」をshiって、bushuやxiaofeiカロリーをチームでjingうユニークなquりzuみをshishiしています。jiuyehouにjiまって「dongjingタワーまでbuこう!」や「レイボーブリッジをduろう!」といったウォーキングイベントをqihuaし、bushuやxiaofeiカロリーをjingうだけではなく、sheyuantongshiのコミニケーションをhuofaにしyitiganをniangchengさせるyigeもdanっています。

員の健康を、チャレンジする姿勢を、
一丸となって体感するー京都マラソン

「走る人、応援する人、支える人、それぞれが主役」という京都マラソンの理念に共感し、第一回大会から協賛を務めています。
「人間は、もっとやれる。」というスローガンを”絶えざるチャレンジ”というオムロンの企業理念とともに、京都マラソンに参加するすべての人々への応援メッセージとして発信しています。
"絶えざるチャレンジ"とは、人間の可能性を広げ、よりよい社会・人が輝く豊かな社会をつくりだしていくために、一人ひとりが目標に向かって挑戦しつづけていくことです。企業理念を実践、そして体現する場として、京都マラソンの「走る人、応援する人、支える人、それぞれが主役」を理念に共感し、支援を続けています。
大会当日には、社員やOBをはじめその家族もボランティアスタッフとして活動し、沿道からの応援にも力を入れています。
また、マラソンコース上には約400メートルごとにAEDを設置し、大会前に行われる京都市主催の「ファーストエイド講習会」では、周りのランナーが突然倒れたらどう対処すればいいのか?”もしも”の時のAED活用方法についての啓発活動にも協力しています。

シェアする